新那須温泉供給温泉基礎講座 − 温泉法改正

法改正により成分等掲示表が変わりました。これにより、温泉の本物度がわかります。チェックしてみてください。

1. 趣旨
平成16年11月15日に環境大臣が中央環境審議会に諮問した「温泉事業者による表示の在り方等について」について、 平成17年2月10日に答申を受け、温泉法施行規則について、所要の改正を行うものです。

2. 改正内容
温泉の成分等の掲示関係(新第6条関係)
温泉法第14条1項の規定による温泉の成分等の掲示について、 従来の掲示項目に加え、温泉成分に影響を与える項目を追加して掲示することを定める。
(1)温泉に水を加えて公共の浴用に供する場合は、その旨及びその理由
(2)温泉を加温して公共の浴用に供する場合は、その旨及びその理由
(3)温泉を循環させて公共の浴用に供する場合は、その旨(ろ過を実施している場合は、その旨を含む)及びその理由
(4)温泉に入浴剤を加え、又は温泉を消毒して公共の浴用に供する場合は、当該入浴剤の名称又は消毒の方法及びその理由

3. 施行期日
平成17年5月24日

当社は、平成17年4月に全ての源泉の成分分析を実施致しました。 同時に、レジオネラ属菌の検査も実施致しました。もちろん、レジオネラ属菌は確認されておりません。安心してご利用下さい。

レジオネラ属菌検査結果