新那須温泉供給温泉旅日記 − 皆生温泉

今回は、鳥取県の皆生温泉です。米子の西北に位置し、伯耆富士大山を望む、弓ヶ浜の海岸に湧く山陰を代表する温泉。 近代的な旅館や、ホテルが松林と砂浜を前に連なる米子の奥座敷と呼ばれています。
皆生温泉

[泉質・効能]
塩化土類食塩泉
神経痛、婦人病、リウマチ、痔疾、皮膚病などに効果があります

・ 所在地  〒683-0001 米子市皆生温泉
・ 交 通  山陰本線米子駅から皆生温泉行きバス20分 終点下車、徒歩3〜15分
・  車   米子自動車道米子ICから国道431号線利用、約5km
・  宿   旅館・ホテル約40件軒
・ 問合わせ  温泉旅館組合 0859-34-2888